染料・顔料の中間体の製造工場における膀胱がん発症事案について

By | 2015-12-21

オルト-トルイジンをはじめとした芳香族アミンを取り扱う作業に従事していた複数名の労働者から膀胱がんを発症する事案が発生しました。厚生労働省から通知が発出されております。(12/18)

染料・顔料の中間体の製造工場における膀胱がん発症事案について


One thought on “染料・顔料の中間体の製造工場における膀胱がん発症事案について

  1. tomi

    大変興味深く読ませていただきました。印刷に関わる機会が多い業務ですので、こういった部分には注意を向けたいと思います。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 9 =